iphone5の電池交換について

iphone5に限らず、携帯電話の電池というのは消耗していってしまい、すぐに電源が落ちてしまう、ということが多々ありますよね。私自身も以前は一日使っていても全然大丈夫だったのにもかかわらず、一年経つと、2時間もかからずに電源が落ちてしまうなんてことがありました。その際に、もう新しく携帯を買いなおそうかと考えていましたが、携帯ショップに勤めている友人に電池交換を勧められたため、行ったところ、元通り長持ちするようになりました。その友人にさらに詳しく聞いてみたところ、本社に問い合わせて交換してもらうだけではなく、自分でも電池交換を行えるとのことでした。しかしながら、下手をすれば携帯電話が壊れてしまう可能性もあるため、気をつけて行わなければならないとのことでしたよ。とはいえ、携帯を買い換えるよりも安価ですむため、非常に有効な手段だと感じました。

iphone5電池交換

iphone5のバッテリーにはリチウムイオン電池が使用されていて、寿命が1年から2年とされています。なぜ上限と下限に1年の差があるかというと充電方法により違いがでます。残量が減っていないのに充電を繰り返したり、充電満タン時なった後も充電し続けるなどで寿命が短くなってしまいます。バッテリーを交換する方法には大きく分けて3パターンあります。まずは正規ストアに修理依頼する方法、次は非正規ストアに出す方法、最後に自分で修理する方法があります。まずは、正規ストアでシリアル番号が該当番号であれば無償交換を実施しているので一度調べるべきです。対象でなければ約10000円で混んでなければ約10分程度で電池交換されます。次に非正規ストアに出す方法ですが料金は約7000円で交換してもらえます。非正規交換した場合は以降正規ストアでのサービスを受けれなくなってしまいます。次に自分で直す方法は一番安く3000円で交換ができてしまいます。ただし自己責任になってくるので自信があるのみになってしまいます。

一部のiphone5の電池交換について

一部のiphone5におけるバッテリー駆動時間においては急に短くなったり、さらに頻繁に充電をしなければならない可能性があることが判明して、もし対象だった場合については、バッテリーについて問題がある可能性がありますので、正規によるサービスプロバイダやアップルストア、またはアップルのサポートセンターに連絡した上で手続きができ、正規のサービスプロバイダやアップルストアにおいては持ち込みによって電池交換して、アップルのサポートセンターに連絡してから郵送によって手配していくかの3つの方法になります。また注意してほしいことが電池交換対象だったとしても、アップルにおいて検査をして電池に問題がないと判断された場合には交換できず、では、どうすれば検査できるのか、サービスプロバイダまたはアップルストアの場合は、直接見てからその場で検査してくれます。

Blog Home